英語は、何歳から学ぶのがベストなのでしょうか?
英語教室のパンフレットなどを見ると、0歳からレッスンをスタートしているところもあり、「日本語すら覚える前から英語教育なんて、本当に必要なの?」とも思えてしまいます。

今回「子供の英語学習は早ければ早いほうが良いのか」について、様々な研究結果から検証してみたいと思います。またそこから、英語が効率よく身につく勉強法や、英語学習への親の関わり方が見えてきました。
英語学習-画像1

英語学習は早ければ早いほうが身につく?遅れると覚えにくいもの?

英語学習は早いほうが良いのか、それとも日本語力がついてからの方が良いのかー。長年さまざまな意見が飛び交っていますが、実は、明治時代からこの論争は続いています。
明治時代には西洋の文化や知識を学ぶため、一部の小学校では英語授業がスタートしました。しかし「日本語を習得する途上にある子供にとっては弊害になる」と、当時の英文学者が批判していたという事実も残されています。

言語の習得や第二言語は、ある時期を越えると十分なレベルまで習得することができなくなるという「臨界期(critical period)説」というものが、1959年、ペンフィールド(Penfield)博士とロバーツ(Roberts)博士による研究において唱えられました。脳の神経回路が、一定期をすぎると”柔軟さ”を失ってしまうというのです。
この「臨界期」は5歳〜13歳までに存在していると言われており、それ以降はネイティブ並みになることは著しく困難であるとされています。しかしこの説は、一定の説得力は持つものの決定的なエビデンスに欠けるというのが現状です。

また、アメリカのペンシルベニア大学教育学大学院のバトラー後藤裕子准教授(教育言語学)による著書「英語学習は早いほどよいのか」によると、英語を「外国語」として学ぶ場合と、幼少期に英語圏へ移住した子供が学ぶ場合とでは、成果が異なるという結果が記されています。
ネイティブに囲まれた英語圏での研究結果は多数あるものの、日本語環境下では「良質で大量の英語のインプット」がない限り、むやみに早期学習してもあまり効果が得られないとしているのです。つまり、普段の生活における日常会話で英語を使用していなければ、赤ちゃんのときから英会話教室に通ってもさほど意味がないということになるのです。

たとえば、カナダの在留邦人児童が、入国時に英語読解力を年齢別でテストした結果があります。英語を母国語としている人の平均点に一番はやく追いついたのは、3歳未満〜6歳よりも、7〜9歳というグループであるという結果が出ています。
母国語の「読み書き」といった基礎ができているので、第二言語の習得も効率的にできたのではないか、と推測されているのです。

幼ければ幼いほど「生きる」ための最低限の知識を自然と手に入れていきますが、人とのコミュニケーションなどについては、幼児期以降の学習に大きく左右される要素もたくさんあるのではないでしょうか。

英語を学ぶ環境や本人の特性にもよると思いますが、必ずしも英語学習が早ければ早いほうが身につくというわけではない、ということがわかります。

最終的な英語の習得速度は、大人も子供も変わらない?!

アメリカのマサチューセッツ工科大学のハーツホーン教授から発表された「A critical period for second language acquisition: Evidence from 2/3 million English speakers」には、英語を母国語とする方・そうでない方、計約67万人を調査した研究結果があります。
これは、Facebookで30万回シェアされたクイズ「Which English?」というもの。トータル67万人が10分間で出来るクイズとして、Web上でデータを収集しました。英語のネイティブと非ネイティブ(第二言語)と区別して調査をおこなっており、世界中から得られた多くのデータを元に分析しました。

これによると、

  • 10歳以上から英語を学び始めると、ネイティブに追いつくことは不可能。しかし90%ぐらいまでは近づくことができる
  • 17~18歳頃から学習能力が下がるので、英語力の差が顕著になる
  • 20歳以上からでも、英語を自発的に学び始めた人は、より高い英語力が身につく
  • という結果が出ています。

    これは、ネイティブまで追いつくことは不可能だったとしても、ネイティブに近いところまでは追いつくことができるーということが実証された結果となります。あくまでも第二言語として習得するのであれば、十分な結果として受け取ることができるのです。

    「17~18歳頃から学習能力が下がる」という点については、正確な理由については不明とされていますが、様々なことに興味を持ちはじめる多感な年齢なのが原因ではないかとしています。学習に向けるパワーがさまざまな分野へと分散してしまうため、英語学習が疎かになったのでは、と考えられているようです。

    また、自ら興味を持って自発的に英語を学んだ場合、たとえ成人後であっても、嫌々勉強していた人よりも、しっかりとした英語力が身についていることも結果として示されています。
    さらに、全ての年齢において、英語を学び始めてから7年後ぐらいには、約9割ほどの英語理解力まで追いついているそうです。これは、学習時間に比例して英語はしっかりと身につくという結果です。

    このように、英語学習をスタートする年齢について言えば、幼児期からの方がよりネイティブに近づくことができるかもしれません。しかし、学習をスタートした年齢に関係なく、必要な時間を学習に割くことによって、ネイティブに”近い”英語力は身につけることはできる、と言えそうです。

    「発音」と「リスニング」は、早く始めたほうが◎

    アメリカ・アラバマ大学のフレッジ(Flege)博士は、ドイツのキール大学が提唱した「連続モード(Continuous mode)」と「断定モード(Categorical mode)」という言葉を用いて、《発音能力と年齢の関係》を説明しています。

    「連続モード」は、細かい発音を聞き分けることを可能にするため、音の強弱や音質の違いなどを認識する際に用いる概念です。一方「断定モード」は、音の範囲内での違いではなく「big」と「pig」といった「b」と「p」の違いに集中する概念。
    フレッジ博士は、幼い子供は「連続モード」に頼って第一言語を学習し、7歳ぐらいまでに音のカテゴリー分けをおこなって、発音の体型体系を構築するとしています。7歳以降には発音体系が確定してしまうため、「断定モード」にシフトするというのです。

    大人が第二言語を学ぶ時にぶつかる「発音」の壁ですが、すでに構築済みの言語の発音体系を元に、第二言語の発音を受け止めようとすることが要因というわけなのです。つまり日本人であれば、英語を脳内で自然とカタカナ変換(日本語の発音)にしてしまうのです。

    低年齢から正しい英語を聞いていると、母国語を習得するのと同じように習得することができるというのは、発音体系の構築に原因があったわけです。
    そうすると、大人であっても「連続モード」に接触が可能であれば、第二言語の発音習得も容易にできるという可能性が出てきます。
    英語学習-画像2

    LINEで送る

    1 2 3