日本国内で食物アレルギーを持つ方は、全人口の1~2%とも言われており、乳児に限定すると、約10%が何らかの食物アレルギーをもっているとされています。
しかし、アレルギーの検査で数値的に「アレルギーである」と判定されても、実際には、食べてもなんの症状も出ない…という方も多くいるのです。

現在では、食物アレルギーに対して絶対的に有効な治療法というものがないため、予防をおこなう上では適切な情報を仕入れることが重要となります。

この記事では、子どもに多い食物アレルギーを正しく判断できる方法や、アレルギーの検査方法・タイミングについてご紹介します。

意外とある?離乳食開始から気をつけるべき食材

画像-赤ちゃん離乳食


離乳食をはじめたばかりの赤ちゃんは、消化吸収機能が未熟で、アレルギーを起こしやすい体質と言われています。

日本小児アレルギー学会食物アレルギー委員会による「アレルギーと診断されたときの原因食物の調査結果」より、受診者の半数を乳児と1歳児が占めていることからも、乳児期から注意が必要であることがわかります。

アレルゲンとなる食材としては、「鶏卵」と「乳製品」が50%を超え、さらに小麦と続き、あわせて全体の70%近くを占めます。比較的初期から食べる食材としてこの3点(鶏卵、乳、小麦)に気をつけると良いでしょう。
その次に、甲殻類、果物類、ソバ、魚類、ピーナッツ、魚卵、大豆、ナッツ類、肉類と続きます。

離乳食を始める際には、ベビーフードや加工食品、インスタントの調味料を用いずに、食材を1種類ずつ試していくことがポイントです。市販の食品などを食べさせる機会が多いと、もしアレルギー反応が出てしまっても、どの食材が原因だったのかの特定が難しくなります。

離乳食初期に使う食材の注意点

最も割合の多い鶏卵においては、「卵白」がアレルギーの主原因です。卵黄のみであれば、アレルギー反応がでない方も多くいます。
鶏卵が含まれる加工食品として、マヨネーズや練り製品(かまぼこ、はんぺんなど)、肉加工食品(ハム、ウィンナー)、調理パンなどに注意が必要となります。

また、離乳食としてよく紹介されている「豆腐」ですが、原料となる「大豆」はアレルゲンとなりうる素材です。醤油や味噌は、醸造中にアレルゲンの大部分が分解されるため、摂取可能であることが多いでしょう。
また、豆腐が摂取可能であっても、納豆や豆乳のみに症状が誘発されることがまれにあるので注意が必要になります。

また、「小麦」はうどんやパン、お麩など初期から与えられる食材でもあるため注意したほうが良いでしょう。

「どう加工したか」によっても、反応が出るかどうかには個人差があるのです。我が子の食後の状態を注意深く観察しましょう。
画像-離乳期食材

離乳食前の食物アレルギー

私たちの身体の皮膚や粘膜に広く分布する「マスト細胞」と呼ばれる細胞は、炎症や免疫反応に関わる重要な場所です。そのマスト細胞の表面に結合して、アレルゲンを待ち構えるのが「IgE抗体」です。IgE抗体がアレルゲンを見つけ反応すると、マスト細胞は活性化してヒスタミンなどの物質を放出し、炎症反応を引き起こすのです。

「IgE抗体」によって引き起こされる食物アレルギーですが、生後6か月以内に症状がみられる「非IgE依存性(細胞依存性)」のアレルギーもあります。

それは、粉ミルクに入っている「牛乳成分」であり、嘔吐や血便、下痢などの消化器症状で発症します。
しかし、タイプが異なる蕁麻疹(じんましん)やアナフィラキシー症状など、即時型である「IgE依存型のアレルギー症状」としても牛乳が該当することがあるため、注意が必要です。

また「乳糖不耐症」といって、牛乳に含まれる「乳頭」を消化する酵素のちからが弱いことから、下痢などを引き起こすこともあります。アレルギーとよく間違われる症状の1つとして、覚えておくと安心です。

子どものアレルギー検査は、いつ受ける?

一般的にアレルギーの症状は、

  • 湿疹が出る
  • アナフィラキシー症状
  • おなかが痛くなる
  • 下痢や嘔吐をする
  • ぜんそく発作を起こす
  • などがあります。

    食物アレルギーは主に、皮膚炎がなかなか外用薬で治らないときに、食物アレルギーの疑いをかけ検査することが多くなっています。また、食物アレルギーとアトピー性皮膚炎を合併している乳幼児は約40%いるため、アトピー性皮膚炎の疑いがある場合には注意が必要になります。

    また、家族にアレルギー体質の人がいる場合、アレルゲンとなりやすいタンパク質である「卵」や「乳製品」の摂取には慎重になったほうが良いでしょう。家族にアレルギーの人がいなければ基本的に検査は必要ありませんが、陰性と判明することで安心して子育てできるのであれば、離乳食開始前に検査を受けることも可能です。

    事前確認のための検査は、鶏卵と牛乳の検査でじゅうぶんと言われています。鶏卵や牛乳にアレルギー反応がないのに他の食品でアレルギー反応を起こすことは、極めてまれだからです。
    また、生後3か月以内に検査をすると陽性にならないことがあるので、生後5か月ごろから受けるのがおすすめです。

    LINEで送る

    1 2 3