英語を学ぶ子供との、親の適切な関わり方

「親の私自身は英語が苦手だから、英語学習のサポートが大変」と思う方も多いと思います。しかし「子供と一緒に学んでいく」という姿勢こそが、実はとても大切なんです。

親の学ぶ姿には、とても大きな影響力があります。親が楽しそうに学んでいる姿をみると、子供も自然と「何がそんなに面白いんだろう」と興味を持つでしょう。それは、幼いほど強くなります。一緒に本屋さんへ行って本を選んだり、図書館に行って本を借りたりするなど、大人と同じ行動をさせてあげるのもポイントです。
そして、子供が疑問に思った事について一緒に考えたり、説明したりすることも大切。考える力を育む事ができ、そうすることで、学ぶ楽しさを身につけることができるようになっていくでしょう。

日本人の英語が通じない大きな理由として、発音の悪さではなく「声の小ささ」が指摘されています。英語が苦手であっても、親が毎日英語を声に出して読み聞かせをすることで「英語は声に出すことが大切」という感覚を学んでいくことができるでしょう。

さらに、英語が苦手な人ほど「子供には英語を得意になって欲しい」という思いが強い傾向があります。「自分が英語を話せたらよかったな」という気持ちを、子供への期待に変えてしまうのです。その場合、どんどんレールを敷いて、学ばせようと強制してしまうことがあります。
親ではなく子供を主体として、どんな性格で何に興味があるのかを把握し、学ぶ環境を整えてあげるのがポイントです。

また「英語を学びたい」というきっかけを与えてあげるのも重要です。英語を学ぶこと自体が目的ではなく、英語が「なにかを達成するための手段」になると、楽しく勉強することができるでしょう。ディズニーやピクサーの映画を英語で見たい、海外プレイヤーと一緒にオンラインゲームを楽しみたい、というきっかけでももちろんOKです。
英語学習-画像4

子供が何歳であっても、英語を楽しく学べる環境を整えてあげるのがベスト!

この記事では様々な研究結果等を見てきました。子供の英語力にネイティブレベルを求めるのであれば、より低年齢の頃から英語漬けの毎日を送れる環境が必要でしょう。

しかし、年齢があがってから勉強し始めた場合でも、十分にネイティブに近いレベルまでは到達できることも確認されています。大人になっても、習得に必要な時間さえかければ、まったく問題なく英語での生活を送ることができるレベルになれます。

筆者の場合、学生の間、英語は赤点ギリギリな状態でしたが、大人になってから会社で半年海外ホームステイする研修があったり、事業所内で外国人講師の英語講習があったり、業務で毎日英語を使っているうちに自然に身についた経緯があります。
自らやった英語学習は、大人になってからのSkypeオンライン英会話ぐらいですが、仕事で英語を使えるレベルにはなっています。

幼少期は、まだ自発的に勉強をすることが難しいため、親との関わりがキーとなります。英語が嫌いになってしまうことは一番避けたいもの。意欲的に楽しく英語が学べ、効率よく英語を身につけられるような環境を整えてあげることに、親としては注力したいところです。

子供の物事を吸収するスピードに驚かされることがあります。英語を必要とする環境や、英語を学ぶ目的がはっきりすれば、自ずとどんな形であれ学んで行くことでしょう。インターネットが当たり前になり、英語学習のためのアプリやオンライン教材もたくさんあります。外国人と接する機会も増えました。一昔前に比べれば、格段に英語を学ぶ環境は整っています。英語、英語と親自身が必死になるよりも、子供が英語に対して抵抗感を持たないように、また英語を学び続けられるモチベーションやその意味を与えてあげることの方が必要なのかもしれません。

【参考・引用・関連リンク】
『英語は何歳からがいい?明治から続く論争』 EPUB版著書 朝日新聞(伊藤和貴、岡雄一郎、刀祢館正明)

『英語学習は早いほど良いのか』 バトラー後藤裕子 岩波新書

『10歳から身につく 問い、考え、表現する力 ぼくがイェール大で学び、教えたいこと』 斉藤淳(NHK出版新書) 

『ほんとうに頭がよくなる 世界最高の子ども英語』 斉藤淳 ダイヤモンド社

親世代とは事情が変わった 英語編 PRESIDENT FAMILY
https://j-inst.co.jp/wp-content/uploads/2014/12/2014-06-President-Family.pdf

James Emil Flege (1995) Factors affecting strength of perceived foreign accent in a second language, Journal of the Acoustical Society of America, 97, 3125-3134
Hartshorne, J. K., Tenenbaum, J. B., & Pinker, S. (2018). A critical period for second language acquisition: Evidence from 2/3 million English speakers, Cognition 177: 263-277

Bongaerts, T., Suueren, C., Planken, B & Schiles, E. (1997). Studies in Second Language Acquisition, 19, (4), 447-465.

佐々木愛子,左合治彦ら(2018):日本における出生前遺伝学的検査の動向1998-2016,日本周産期・新生児医学会雑誌2018;54:101-107

Sekiguchi M,Sasaki A et al:(2017). Impact of the introduction of Non-invasive pretanal genetic testing on invasive tests:57:35-36

LINEで送る

1 2 3