アレルギー検査の方法は?どんな内容?


アレルギーを診断するために、血液検査や皮膚検査がおこなわれています。湿疹などの症状が直らない場合、医師による問診などもふまえ、適切な検査が選択されるのが一般的です。そこで、まず食物アレルギーの疑いがある場合におこなうアレルギー検査についてご紹介します。

「特異的IgE抗体検査」や「皮膚検査(プリックテスト)」などで陽性となった場合、より正確に判断するため「食物除去試験」や「食物経口負荷試験」が必要になります。

「特異的IgE抗体検査」や「皮膚検査(プリックテスト)」は、食物アレルギーかどうかを判別するのには診断感度の高い検査ではありますが、特異度(陰性のものを正しく「陰性」と判断する確率)については低い検査です。
そのため、本当にアレルギーの原因であるかを確定判断するには「食物経口負荷試験」が最も信頼度の高い検査といわれています。

血液検査

血液検査の一種である「血中抗原特異的IgE抗体検査(RASTなど)」は、陽性だとその食物に感作していることを示します。アレルギーかどうかを数値として判断することが可能です。
また、アトピー性皮膚炎の経過中の場合、肝機能障害や鉄欠乏性貧血、低蛋白血症などがみられることがあるので、必要に応じて一般的な血液検査もおこなわれます。

皮膚検査(プリックテスト)

皮膚検査である「皮膚プリック試験(プリックテスト)」は、アレルゲンを少量皮膚に入れて、15分後に膨らんだ湿疹の直径を測定するものです。
抗原特異的IgE抗体検査では検出が難しいアレルギーの原因抗体の早期診断において、有効とされています。

食物除去試験

特異的IgE抗体検査や皮膚検査(プリックテスト)にて食物アレルギーの関与が疑われる場合、疑わしい原因食物を1週間程度完全に除去します。これにより湿疹が改善された場合には、診断を確定するため食物経口負荷試験に進みます。

母乳育児の場合、母親の食事内容が症状に出ることもあるため、この場合は母親の食事内容からも、原因となる食物の除去が必要になります。しかし、重篤な症状になることは少ないため、加工品などは食べても大丈夫な場合が多いでしょう。

食物経口負荷試験

食物経口負荷試験は、少量の食物を実際に食べて体内に摂り入れ、アレルギー反応を観察・判断するものです。この試験によって、命にかかわることもある重大な症状「アナフィラキシー」を起こすおそれがあります。
そのため食物経口負荷試験は、突然の症状に対応できる限られた病院が実施しています。

赤ちゃんの身体には負担が高い試験ではありますが、最も信頼性が高い診断方法であり、診断には必須の検査となります。この試験については、食物アレルギー研究会より、日本小児科学会指導研修施設の小児科を対象に実績などが開示されています。病院数が多くないので、施設を探す必要があるでしょう。

小麦・大豆アレルギーの診断は容易ではない

「血中抗原特異的IgE抗体検査」で、小麦と大豆については「診断として一定の傾向が得られにくい」とされています。そのため、小麦や大豆のアレルギー診断は容易ではありません。例えば、大豆アレルゲンは数種類あるため、アレルギーが出る場合と出ない場合があり、また実際の症状も消化や吸収の影響を大きく受けます。

さらに、小麦がアレルゲンとなるタンパク質には大きく3種類あります。グルテン内のフリアジンは、α(アルファ)、β(ベータ)、γ(ガンマ)、ω(オメガ)と区別があり、さらに細分化されているなど種類が豊富です。

血液検査で陽性が出ても問題なく食べられる食材があったり、まだ検査をしていない抗原によってアレルギー反応がでてしまうこともあります。そのため、実際に食べたものと症状の出方を記録して、抗原を突き詰めることが重要です。

アレルギーを恐れるあまり神経質になりすぎるのも、子どもにとってはマイナスになります。主治医による定期的な検査や、経過観察をしてもらいましょう。
【ナチュラル離乳食・無農薬&天然食材・完全無添加】3種類6個セット(7ヶ月頃から)ほうれん草ver

LINEで送る

1 2 3